新車・中古車販売、車検整備をぜひお任せ下さい!

全メーカー新車&中古車販売!
アフターもおまかせ下さい

軽自動車を中心に低価格車~新車まで
「特選車」「お買い得車」を販売!

タイヤ交換するならここまでやってほしい
2017年11月1日整備実績

ミケ 激怒

信じらんなーい!!!

 

トミー 疑問

ミケちゃんどうしたの?

 

ミケ 激怒

今、タイヤ交換してるんだけど、前回交換した人がちゃんと両面テープ剥がしてないの。

サイテー。

 

 

 

 

 

 

トミー 苦笑い

サイテーって、それは言い過ぎなんじゃ・・・

 

 

 

 

登場人物紹介

 
ミケ 普通
ミケちゃん
 
トミー 普通
トミー
 
ナリタ 普通
ナリタ
 

 

※この時点でまだナリタオートの日常を読んでないあなた!
先に読んできましょう!

 

ナリタオートの日常を読む

 

 

 

YouTubeでも説明動画を投稿しました

 

 

 

ミケ 落ち込み

だってね、この両面テープの跡って、新しい貼り付けウェイトがくっつきにくいの。

だから私は必ず両面テープ跡もキレイにしてから、新しいタイヤを組み付けてるの。

ナリタさんがそうやれって教えてくれたわけだし。

 

トミー 普通

なるほど。

仕事が丁寧だね。

 

ミケ 激怒

前回の両面テープ跡が残ってたら、その分剥がす時間がかかっちゃうじゃない!

こちとら1分1秒を大事にしてるのに、余計な整備時間を手間取らせやがって!!

 

トミー 苦笑い

ミケちゃん落ち着いて〜。

ちなみにどんな手順でやってるの?

 

ミケ 笑顔

よーく見ておきなさい!

まずこれが最初の状態。

 

 

 

 

 

 

ミケ 普通

この貼り付けウェイトを剥がすとこうなる。

 

 

 

 

 

トミー 普通

これが残った両面テープ跡なんだね。

 

ミケ 普通

ちょっとわかりにくいかもだから、アップの画像を載せておくね。

 

 

ウェイトを剥がす前

 

ウェイトを剥がした跡

 

 

 

トミー ガーン

ガッツリ残っちゃってるね。

 

ミケ 落ち込み

ほんと、こんな状態のままにしてる人、多いんだから困っちゃうよね。

 

トミー 疑問

これ、手でちょっとずつ剥がしていくの?

 

ミケ 笑顔

そんなめんどくさいことしてたら日が暮れちゃう!

これを使うの!

エアードリルに空研のイレーサー

通称消しゴム。

 

 

 

 

 

 

トミー 笑顔

エアーツール使うならやっぱり空研

でもエアードリルの方は・・・

 

ミケ 落ち込み

それは予算がちょっとね。。。

空研のエアードリルもあるから、それはもっと大事なところで使ってるの。

じゃ、ガンガン剥がしていくよ!

 

 

 

 

 

 

トミー 笑顔

おおー!

ガンガン剥がれていくね!

 

ミケ 笑顔

そしてこんなにキレイに!

 

 

 

 

 

 

トミー 普通

まだ削りカスが残ってるよ。

 

ミケ 普通

そんなのあとはちゃちゃっと拭けば終わりよ。

そんな事よりこっちもひどいの。

 

 

 

 

 

 

トミー 疑問

え、何がひどいの?

 

ミケ 落ち込み

トミーはまだまだ勉強不足ね。

リム部分に汚れがひどいの。

 

 

 

 

 

 

トミー 普通

ああ、たしかにタイヤカスがいっぱいくっついちゃってるね。

 

ミケ 落ち込み

このあと新しいタイヤを組むわけだけど、この汚れをそのままにしておくと空気漏れの原因になっちゃうの。

 

トミー 普通

だから今からキレイにするわけだね。

 

ミケ 激怒

そーなんだけど、ここの汚れも落とさずにタイヤを組む人も多いの!

マジ許せない!

だから私はいつも徹底的にキレイにする!

この汚れにはこれを使うの!

 

 

 

 

 

 

トミー 普通

ステンレスのブラシだね。

何ていう名称かわからないから、画像で判断してね。

 

ミケ 笑顔

落ちろ〜!!!

 

 

 

 

 

 

ナリタ 笑顔

お、丁寧にタイヤ交換やってるじゃないか!

 

トミー ハート

気合入れてタイヤ交換しているミケちゃんの姿がステキっす!

 

ナリタ 普通

お、このタイヤとホイール、5年前に俺が組んだやつじゃないか。

懐かしいな〜!

 

ミケ 激怒

犯人はおまえかーーー!!!!!

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

当ホームページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい

記事の内容を実施されたい場合、ディーラーやショップ、

国家整備士資格を有し、かつ従事されている方にご相談ください。

記事の内容の詳細等をメールや電話でのご相談は受け付けておりません。