新車・中古車販売、車検整備をぜひお任せ下さい!

全メーカー新車&中古車販売!
アフターもおまかせ下さい

軽自動車を中心に低価格車~新車まで
「特選車」「お買い得車」を販売!

  • ナリタ漫画
  • マイちゃん
  • オンラインショップ
  • 会社案内
  • ナリタ漫画
  • マイちゃん
  • youtube
  • 会社案内
オンラインショップ
NRT-001 ドラム調整ツール
2018年11月3日こだわり整備

 

 

 

"あと1ノッチ"を確実に

ナリタオートオリジナル工具

NRT-001

ドラム調整ツール

5400円(税込、送料別)

 

↓↓↓購入は以下リンクのオンラインショップから↓↓↓

 

↓↓↓紹介動画↓↓↓

 

 

用途

・自動調整式ドラムのシュー幅の微調整

・シューを外さすに広げるだけでホイールシリンダー着脱

 

 

特徴

・オフセットによりバックプレート回避

引っ掛け部分をオフセットさせることにより、バックプレートの出っ張りがあったりしても装着でき、多車種への装着性を実現しました。
(絶対にどの車種でも装着できるわけではありません)

 

・一般的な工具と同じメッキ加工

爪の部分を大手工具メーカーさんが出しているメッキ業者様にてメッキ加工を施してもらいました。

 

・スラストベアリングで回転抵抗を低減

左側の引っ掛けの軸部分にスラストベアリングを挟み込むように取り付け、回転抵抗を低減させました。


 

・軽~小型トラックまで対応

グリップ位置等を変更したり、全ネジを長いものに交換することで、小型トラッククラスのドラムブレーキにも対応できます。
本製品の全長は出荷時は270mmで、最大320mmまで伸ばせます。
(左手I型グリップ内に70mmほど収まっているので、Tハンドルがバックプレートに当たってしまう場合は全長を調整、又は全ネジ自体を長いものに交換してください)


 

↓↓↓購入は以下リンクのオンラインショップから↓↓↓

 

 

仕様

名称 ドラム調整ツール

型式 NRT-001

全長 270mm~320mm

重さ 250g

 

 

この工具を作った理由

ドラムブレーキはドラムとシューの隙間がとても大切で、その隙間は点検時に調整するのが基本です。
隙間調整には手動調整タイプ自動調整タイプの2種類があり、後者の場合、文字通り隙間調整を手動で行う必要がありません。
しかし自分(ナリタ)は、自動調整タイプだとしても手動で微調整してあげる必要があると考えます。
理由は下記リンク先の記事やYouTube動画をご覧ください。

 

YouTubeでの説明動画はこちら

 

 

ドラム調整例動画

ダイハツ・トヨタ系に多いシュー裏偏芯カムタイプ
(偏芯カムが奥にあり調整が難しいタイプですが楽に調整できます)

 

一部の日産系に採用されているタイプ
(自分がいちばん調整が難しいと思うタイプですがこちらも楽に調整できます)

 

スズキや最近のダイハツに採用されているシューの間にある偏芯カムタイプ
(このタイプはマイナスドライバーで楽々調整できますが、最近はハブが邪魔して調整しづらいので、活躍すると思います)

 

 

ホイールシリンダー着脱例動画

ホイールシリンダーの脱着も容易になります。
自動調整式の場合は再調整が必要になりますが、全開までシューを広げることでホイールシリンダーをスポッと外すことができます。

 

↓↓↓購入は以下リンクのオンラインショップから↓↓↓

 

 

Special Thanks

この工具を製作するにあたり、

各部品の調達で東邦ネジ(サンツール)さん。

爪部分の制作は静岡県島田市の大石溶接さん

メッキ加工は同じく静岡県島田市は増田電化工場さん

有限会社春日自動車工業所さんに耐久テストのご協力を頂きました。

工具の撮影は静岡県静岡市のB'さん

多くの方々によって製作する事ができました。

心から感謝申し上げます。